プレスリリース

【ニュースリリース】

平成15年2月20日

各位

株式会社エイ・ピー・エム
株式会社アドバンテッジパートナーズ

小倉興産株式会社の株式公開買付開始について

投資事業有限責任組合アドバンテッジパートナーズ エム・ビー・アイ ファンド二号(以下ファンド)は、その100%子会社である株式会社ケイ・ピー・ホールディング(以下公開買付者)を通じて、小倉興産株式会社(以下小倉興産)普通株式(福岡証券取引所銘柄、コード番号9891)を1株当たり現金770円にて買付ける公開買付を平成15年2月21日に開始することになりました。

公開買付者は、小倉興産の親会社であり小倉興産の株式を58.30%保有する住友金属工業株式会社からは、既に、その保有する小倉興産株式の全てについて本公開買付けに応募する旨の同意を頂いております。

本公開買付けはいわゆるマネジメント・バイアウト(注)により遂行される取引であり、公開買付者は小倉興産の取締役会の賛同のもと、友好的に同社の株式を取得してその支配権を取得するために、証券取引法に基づき本公開買付けを行うものです。

小倉興産の株式は福岡証券取引所に上場されていますが、公開買付者は本公開買付けにおいて買付けを行う株式数に上限を設定致しませんので、本公開買付けの結果、公開買付者が一定割合以上の株式を取得した場合には、小倉興産は福岡証券取引所の株券上場廃止基準に従い所定の手続を経て上場廃止となります。

小倉興産は、北九州を地盤とし、不動産事業、石油販売業、倉庫業、建設資材販売業等、多岐に亘る事業領域に進出しています。総資産488億円、総売上高533億円(2002年3月期)の総合商社であり、昭和6年に設立後、平成2年に福岡証券取引所に上場し、現在に至っております。一方で、長期的な視野に立ち小倉興産の更なる成長を実現するために、公開買付者は、応募株券の総数が買付予定数に達して本公開買付けを終了した場合、小倉興産の吸収合併又は公開買付者が親会社となる小倉興産との株式交換等の手続により小倉興産とのより一層の統合を図ることを計画しております。

住友金属工業株式会社は、本公開買付けにおいて応募株券の数の合計が買付予定数に達した場合には、公開買付期間終了後に公開買付者の発行済株式の一部を譲り受ける予定です。また、住友金属工業株式会社は、公開買付者が公開買付期間終了後に発行する株式を引き受ける予定です。これらの取引の結果、住友金属工業株式会社の公開買付者に対する株式所有割合は10%となる予定です。さらに、本公開買付け後、小倉興産経営陣が公開買付者に対して合計数%の出資を行うことを計画しており、また現在小倉興産の株主である北九州の有力企業数社にも資本参画を要請する予定でおります。公開買付者は本公開買付け後、小倉興産現経営陣による事業運営を尊重すると共に、前述のとおり公開買付者との統合を図ることにより、小倉興産の企業発展を支援し、戦略立案、オペレーション、経営管理の各方面より小倉興産の将来に亘る発展に貢献していく意向です。

小倉興産株式の公開買付価格である一株あたり770円は、小倉興産株式の上場廃止により小倉興産株式の流通性が失われる可能性を考慮に入れ、平成15年2月19日までの過去6ヶ月の福岡証券取引所における売買価格の終値(午後3時30分現在)の平均値に58.4%プレミアムを加えた価格としました。この価格は過去1年間の最高値600円をも上回る価格です。本公開買付けは、小倉興産の全ての株主の皆様に対して、かかる公正な価格により、小倉興産の株式を売却する機会を提供するものです。

本公開買付においては、新光証券株式会社が公開買付代理人を務めます。

株式会社アドバンテッジパートナーズは、日本におけるプライベートエクイティ投資のパイオニアとして企業への投資活動及び投資後の経営支援活動に積極的に取り組んできております。これまでに11社の投資実績があり、うち6社が大企業子会社の独立化に関する投資です。

(注)マネジメント・バイアウトとは一般的に、買取対象企業の経営陣が、金融投資家と共同して、対象企業株式を買収する取引を指します。

以上


【別紙】 公開買付けの概要

(1)公開買付者の概要
(1)商号 株式会社ケイ・ピー・ホールディング
(2)主な事業内容 株式会社アドバンテッジパートナーズにより、本公開買付けを実施し、本公開買付け終了後に対象会社の事業を運営するための会社として、平成15年2月より事業を再開しました。
(3)設立年月日 平成12年3月24日
(4)本店所在地 東京都千代田区内幸町1丁目1番1号インペリアルタワー16階
(5)代表者 代表取締役  笹沼 泰助
(6)資本の額 10百万円(平成15年2月20日現在)
(公開買付期間終了後決済開始日までに第三者割当による増資を行う予定です。)
(7)大株主構成及び持株比率 (平成15年2月20日現在):
投資事業組合アドバンテッジパートナーズエム・ビ ー・アイ・ファンド二号
100%
(公開買付者は、公開買付期間終了後決済開始日までに第三者割当による増資を行う予定です。この増資の結果、大株主の構成が変更される予定です。)

(2)対象会社の概要


(1)商号 小倉興産株式会社
(2)主な事業内容 不動産事業、石油販売業、倉庫業、建設資材販売業等
(3)設立年月日 昭和6年7月
(4)本店所在地 北九州市小倉北区浅野二丁目15番1号
(5)代表者 代表取締役社長  竹井 功一
(6)資本の額 4,409百万円
(7)大株主構成および持株比率(平成14年9月30日現在):
住友金属工業株式会社 58.30%
株式会社福岡銀行 3.50%
西日本鉄道株式会社 3.33%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 1.87%
ボストンセーフデポズイットビーエスディーティートリーティークライアンツオムニバス 1.46%
小倉興産社員持株会 1.09%
株式会社西日本銀行 0.89%
株式会社ケイティエル 0.83%
包括信託三井アセット信託西部瓦斯株式会社口 0.81%
株式会社三井住友銀行 0.80%
(8)公開買付者との関係 取引関係はありません。

(3)買付けを行う株券等の種類


普通株式

(4)公開買付期間


平成15年2月21日から平成15年3月19日まで(27日間)

(5)買付価格


1株につき770円

(6)買付価格の算定の基礎

対象会社株式の平成15年2月19日までの過去6ヶ月間の福岡証券取引所における終値の平均値486円に58.4%のプレミアムを加えた金額です。

(7)買付予定数 6,028,660株


応募株券の数の合計が買付予定数(6,028,660株)に満たない場合は、応募株券の全部の買付けを行いません。応募株券の数の合計が買付予定数以上の場合は、応募株券の全部の買付けを行います。

(8)公開買付けによる所有株式数の異動


買付前所有株式数 公開買付者所有分 0株  
  特別関係者所有分 0株  
買付後所有株式数   6,028,660株 (所有比率67.0%)
(注) 買付後所有株式数は、買付予定数6,028,660株を買付けた場合の株式数です。
公開買付者は、対象会社の発行済株式の全部を取得することを目的としております。
対象会社の発行済株式総数 8,998,000株  

(9)公開買付開始公告


平成15年2月21日(金)

(10)公開買付代理人


新光証券株式会社

(11)買付けに要する資金


6,994百万円

以 上

page-top

background-triangle